私たちに必要な「黒 Tシャツ」|同じようで質感が違う黒 Tシャツの厳選ブランド

私たちに必要な「黒 Tシャツ」|同じようで質感が違う黒 Tシャツの厳選ブランド

大人っぽくみえる「黒Tシャツ」。シンプルだからこそ個性を持たせたい。そんな時に「質感」は他との違いを明確にしてくれる。上品なツヤ感、やわらかな厚み、ナイロンのシャリ感など。同じようで違う「黒」は、私たちが求めている抜け感をあたえてくれる。

「質感」で選ぶ、おすすめの黒Tシャツをご紹介

季節に関係なく活躍する「黒Tシャツ」は、シンプルなだけでなく、「ちょうどいい存在感」をあたえてくれる。その中でもブランドが「質感」にこだわった1枚をご紹介。落ち着いた雰囲気の中に、素材の表情をいかした個性のある黒は、1枚で着ても、インナーとしても、自然と大人の雰囲気が漂うスタイリングにしてくれる。

Blanc YM(ブラン ワイエム)

Blanc YM(ブラン ワイエム)は、メンズ・レディースを問わず日常のワードローブに溶け込む、ミニマルなデザインを提案する日本のファッションブランド。「Universality,Diversity,+α」というブランドコンセプトのもと、定番のアイテムを素材や表情から再考し、ディティールをストイックに追及することで、ありそうでなかった「新しい服」を作り出す。

Tight tension Wide T-Shir|タイト テンション ワイド Tシャツ(ユニセックス)

限界のループまで詰めて編まれたオリジナルの度詰天竺素材を使用。サファイアクールという加工により、コットン100%素材でも非常に毛羽が少なく、落ち着いた光沢が特徴。ゆったりしたシルエットとその扱いやすさで、スタイリングの基本になるような、手放せない1枚に。

AURALEE(オーラリー)

AURALEE(オーラリー)は岩井良太氏が手がけるブランドで、「自分たちが本当に良いと思う素材を追求する」というコンセプトのもと、2015年春夏シーズンにスタートした。毎シーズン素材作りに大半の時間を費やしており、素材の特徴や表情からアイテムのデザインに落とし込んでいる。Tシャツだけを見ても、さまざまなタイプが展開され、いずれも素材を生かした風合いや着心地にファンが後を絶たない。

LUSTER PLAITING TEE |ラスタープレーティングティー

表糸にアメリカのスーピマコットンを、裏糸に柔らかな甘撚りの糸を使用し編み立てたプレーティング素材。上質な原料と特殊な染め加工による、なめらかな肌触りドレープの効いた上品な光沢感が特徴的。光沢となめらかな素材感、オーバーサイズ過ぎないシルエットでシンプルコーデでも落ち着いた印象にアップデートしてくれる1枚。

comm. arch.(コムアーチ)

国内で紡績された最高級の天然素材を使用し、国内に現存する貴重なニット工場「Joe Mc」 のディレクションによりスタートしたニットウェアブランド。日本各地に現存するニット職人、織物職人、染め職人など、小規模で最上級のクオリティを生み出す職人の協力を得て、貴重な洋服を製作している。とにかく、素材、作り、プロセスにこだわり、心地よく、ずっと着られるニットウェアを作り続けている。

DOUBLE LAYERED S/S TEE|ダブルレイヤード S/S ティー

高級インド綿の糸を天竺編みした生地で、コットン100%とは思えないような、なめらかな肌触りに仕上がっている。1枚だと透け感が出るため2重で仕上げており、縫い目は2重になった生地の内側に入っているので、シームレスなデザインなのに、肌に触れる部分もストレスなく自然な着心地に。これ1枚でカジュアルからは一線を引くような佇まいにしてくれる。※レディースはブラックの色展開がないのでネイビーが近い印象になります。

OMNIGOD(オムニゴッド)

岡山の自社工場で企画・生産を行うファッションブランド。「人が着る事」に向き合いながら、素材や加工にこだわりを持ち、着心地や風合いのいいものづくりを目指す。デニムからカットソー、ブルゾンまで幅広いく手がけており、そのアイテムはどれも着るほどに増してゆく素材感、時が経つにつれて愛着の沸くベーシックなデザインが特徴。

【Women】天竺ワイドチューブTシャツ|【Men】天竺ショートスリーブTシャツ

14番手のムラ糸を使用し、和歌山にある旧式丸胴の編み機で編みあげたコットンを使用。手持ち感がありアメリカ製のヘビーオンスのTシャツを彷彿とさせる質感が特徴。詰めて編んだ丈夫な素材は、かなり肉厚に仕上がっており、着込んでいくほどに風合いが増していく。仕上げの製品染により、やさしく落ち着いた印象に。

ATON(エイトン)

ATON(エイトン)は、デザインから生産のすべての過程において、 “0” から “100” まで、丁寧をカタチにしたようなブランド。ブランド名には、原材料から仕上がりにいたるまで、生産者との密なコミュニケーションをとり、「生産背景を理解した上でものづくりをしたい」という思いが込められている。代表的な「スビンコットン(SUVIN COTTON)」は、インドの綿花をひとつひとつ丁寧に手摘みし、和歌山で編み立てられており、染色も媒染剤を使用しない堅牢技術を取り入れていたり、日本独自染色方法によって、美しく染め上げている。

SUVIN PLATE|クルーネックTシャツ(ユニセックス)

「スビンコットン(SUVIN COTTON)」を使用した、Tシャツ専用のオリジナルジャージー素材で仕立てられており、コットン100%とは思えないシャリ感と、肉厚なのに洗濯後も乾きやすく、糸が縮んだ時による細やかな凹凸が、肌との接地面が少なくサラッとした着心地に仕上がっている。ほどよいシャリ感がクールな印象をあたえてくれる。

YAECA(ヤエカ)

2002年、コンフォートシャツとパンツを合わせた10型ほどのラインナップからブランドをスタートしたYAECA(ヤエカ)。「八重日」には、日々重ねて着てもらえる服作りがしたいというデザイナーの想いが込められている。「必然的にシンプルなデザイン」をコンセプトに、実用性と機能美を追求し、一つ一つのアイテムと真剣に向き合い、毎年少しずつアップデートを繰り返しながら、最高のベーシックウェアを完成させている。

CREW NECK TEE S/S|クルーネック ティー S/S

YAECA(ヤエカ)のTシャツは、脇に縫い合わせのないオリジナル丸胴ボディーを使用していて、縫い目が当たらずストレスを感じることがない。しっかりとした安心感のあるコットン生地は、肌馴染みがよく、着込むことで自然と自分の体にフィットしていく。染料にログウッドを使用しているのが特徴的で、「優しい黒」を感じることができる。

Tシャツ・カットソーの最新記事

CATEGORY